省エネにも貢献するデスケーラー

subpage-img

硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムは、加熱すると水に溶けにくい炭酸水素塩となって析出し、配管の内側や蛇口などにスケールとなって付着します。



スケールは人体には無害ですが、配管を詰まらせ美観を損ねる原因になります。
また熱交換器の内部にスケールが付着すると、熱効率が低下し大きなエネルギーロスを生じることになります。

マイナビニュース

ボイラーや冷却塔に付着したスケールは、高圧洗浄で取り除くこともできますが、配管内部の母材を傷めたり変形させたりする恐れがあります。

また密閉型の複雑な形状をした配管では使用できないという問題もあります。

デスケーラーに関する情報が満載のサイトです。

このような場合に有効な洗浄剤がデスケーラーです。

配管内部に流すだけで、付着したカルシウムやマグネシウムを強力に溶かす効果があります。

塩酸などの劇薬を洗浄液として用いると、濃度が高ければ配管を溶かしますし、低ければスケールが十分に落とせません。

中和剤やコーティング剤による洗浄後の処理も必要になり、大きな時間とコストがかかります。

もちろん作業に危険が伴うこともデメリットです。

専用のデスケーラーを用いることで、こうした問題を一気に解消できます。
デスケーラーは発電所や艦船のボイラー、工場のクーリングタワーや温泉施設から、マンションの配管や自動車・バイクのラジエーターまで、幅広い範囲で利用されています。

洗浄コストの節約だけでなく、設計の簡素化により初期コストを削減する効果もある製品です。


top